News
wwwアイコン

WEBマーケティングやアフィリエイターの方にとって、Google検索を初めとする大手検索エンジンのアップデートの動向は常に高い関心の的になっているのではないでしょうか。検索順位の上位表示を目的に検索結果の最適化をはかるためのSEO対策を、検討する時において、検索エンジンのアルゴリズムのアップデートは、過去の経緯をみても検索結果に影響に影響を与えているのは明らかです。
ここにアルゴリズムというのは、検索エンジンをひとつの巨大なプログラムと想定してみると計算方法を変更することを意味しています。具体的にいえば、Googleのアルゴリズムに当てはめてみれば、検索結果順位を判定するためのルールが変わるということを意味しています。
検索キーワードのなかには流行性や一時的に話題に上ったトピックに関するものも少なくないので、常に変動し続けるのは確かです。しかし、Googleを筆頭にした検索エンジンのアルゴリズムというプログラムの変更は、しばしば検索順位に変動を及ぼしいきなり検索結果が下位に転落してしまったり最悪の場合は、ペナルティの対象になって検索結果から排除されてしまうこともあるなど、影響は軽視できないものがあります。これまでもGoogleではアルゴリズムのアップデートは大規模なものだけでなく、小規模なものも含めるとかなりの回数実施されているのは確かです。ペンギンアップデートやパンダアップデートなどの大規模な内容のものは階数は限られるものの、小規模なものではリアルタイムでも実践されているとの声もあるほどです。
これまで上位表示されていたWEBサイトなどが、アルゴリズムの更新の影響で下位へと順位変動にいきなり直面することもあるので、ある意味では迷惑な話といえます。WEBマーケティングに取り組むサイト管理者やアフィリエイターなどに大きな影響を与えるアップデートを、Googleなどの検索エンジンが繰り返し行っているのは、検索結果の精度を上げるためと推認されています。
検索エンジンにとってみれば、何らかの問題解決のためにインターネット検索を利用する以上、検索先のコンテンツがユーザーにとって有益な内容を持っていることが重要です。ユーザーの高い満足度を得ることで、広告収入などの収益につながる以上、検索結果の精度の高さは大きな意味をもっているのです。検索結果の精度が高いことで、さらにユーザー層の拡大も見込めるからです。