ハミングバードアップデートを徹底解剖

ハミングバードアップデートは、2013年9月に実施されたGoogle検索エンジンのアルゴリズムのアップデートのことです。ハミングバードアップデートのおかげで検索ユーザーの利便性を大きく向上させたといわれています。ペンギンアップデートやパンダアップデートと同様に、大手検索エンジンのGoogleが検索結果判断のために活用されているアルゴリズムの更新の一種になります。
ただし一連の知名度の高いアルゴリズムのアップデートが低品質なリンク先を羅列したディレクトリサイトやコンテンツのクオリティが低いと判断されたWEBサイトや、SEO対策のためにガイドライン違反のブラックハットSEO対策を実施したWEBサイトやインデックスを排除する等、検索アルゴリズムの調整や変更を趣旨にしていたアップデートとは異なる内容をもつものです。ハミングバードアップデートは、検索アルゴリズムの技術基盤自体の刷新を目的にしている旨をGoogleは明らかにされています。
ハミングバードアップデートを境に、Google検索エンジンは単に検索ボリュームの高いキーワードを含む検索結果を上位表示させる基本仕様に加えて、ユーザーの検索意図に対して適切な検索結果を表示しやすくなったとの評価が定着しています。
単に検索キーワードの形式面にとどまらず、ユーザーの検索意図まで配慮した検索結果の表示を可能にしたのは、会話型検索の処理能力を大きく改善させた点にあるとされているのです。例えば池袋・近く・イタリアンと言うキーワードで検索した場合に、そのキーワードに該当する情報を表示する基本構造になっていました。ところがハミングバードアップデート実施以降は、ユーザーはキーワードを入力したユーザーの検索意図や検索にいたった背景まで分析してくれるようになり、まさに会話をする感覚の会話型検索を可能にしたといえます。
たとえば”池袋近くのイタリアン”で検索した場合に、”近く”と言うキーワードを含んでいない場合でも、検索意図に近い検索結果が表示されることになります。ハミングバードアップデートの影響はユーザーにとってみれば、より問いかけに自然な検索結果が表示されるので、より有益な情報を手にすることができます。従って検索ユーザーには有益な影響を与え利便性を大きく向上させたとの分析は適切といえるでしょう。SEO対策への影響は軽微とされていますが、コンテンツの充実に努め自然とユーザーから高い評価を得ることがSEO対策の基本との認識は依然重要なのは論を俟ちません。