バックリンクによる手動ペナルティとは?原因と対処法を紹介

パソコンの前に考える女性

バックリンクとは被リンクのことで、自サイトに向けられたリンクが貼り付けられた状態を意味します。
バックリンク数を多くすることは、検索ユーザーにとって価値のある内容を有していることの有力な指標になるので、検索結果上位表示を目的にするSEO対策においてはバックリンクを獲得することは大きな意義を持つものと考えられています。
しかしGoogleが実施しているペンギンアップデートによって、バックリンクの数だけでなく品質も重視されるようになっています。
とくに問題になるのは、低品質なバックリンクを獲得することで、ガイドライン違反を認定されてペナルティの対象になるリスクです。
低品質なバックリンクとは具体的には、相互リンクを目的にしたリンク購入や低品質のディレクトリばかりで埋められたサイトからのリンクや、スパムサイトからのものなどです。
低品質なリンクは検索ユーザーにとって利用価値の乏しいWEBページからのリンクを意味するので、ガイドライン違反のバックリンクを獲得することになります。
さらにGoogleのパンダアップデートにおいては、コンテンツの質も問題にされるようになり悪質なコピーコンテンツばかりの被リンクもガイドライン違反の可能性があります。
最終的には手動ペナルティの原因にもなっているリスクをかかえているものです。
ひとたび手動ペナルティの適用を受けるとインデックス排除される結果、いくらコンテンツの充実に努めても検索順位があがらず集客や売上などが停滞する原因になってしまいます。
悪質なコピーコンテンツからの被リンクやリンク購入などで、ガイドライン違反を認定されペナルティを適用された場合には、適切な対処方法をとりガイドライン違反状態を解消のうえGoogleに再審査リクエストを送信しペナルティを解除してもらう必要があります。
手動ペナルティの対象になると、サーチコンソールを通じてどのようなガイドライン違反なのかの概略の連絡がされてくるので、下人を特定しそれにあった対処方法を実践する必要があります。
悪質なバックリンクが手動ペナルティの原因であれば、リンク否認や削除を行いガイドライン違反状態を解消することが再審査リクエストの前提条件になります。
ちなみにリンク否認はサーチコンソールに実装されている機能です。
検索順位の上位表示を狙うなら、定期的にバックリンクを確認し問題のあるリンクが発見されたらペナルティを受ける前にリンク否認などの対策をとることが求められます。

サイト内検索
人気記事一覧