パンダアップデートを徹底解剖

パンダアップデートは2011年から実施されている、Google検索エンジンのアルゴリズムの更新のことです。検索ユーザーにとって、より高品質の検索結果を得られることを目的に実施されているアルゴリズムの一連の更新の総称になっています。パンダアップデートは検索ユーザーにとってより有益な情報を提供するために高品質のコンテンツを数多く提供しているWEBサイトについては、サイト規模に関係なく検索結果において上位表示になることを企図しているのは明らかと言えます。そのため他サイトのテキストなどをコピーしただけにすぎないサイトや、ユーザーにとって無価値の相互リンクサイトや低品質のコンテンツを提供するだけのサイトは下位表示に沈む傾向が顕著になりました。反面、コンテンツの内容が専門性がたかく独自の調査レポートや分析結果などを掲載している独自性の高いサイトなどは、サイト規模に関係なく上位表示されるようになりました。
ペンギンアップデートが実施される以前は、低品質のコンテンツが羅列されているだけでも、被リンク数が多ければ検索結果の上位表示を獲得することが可能な状況が続いていました。その結果、検索ユーザーにとって無価値ばかりが検索結果で上位表示されるという状況に陥っていたわけです。そこで検索ユーザーにとって価値が高いであろうWEBサイトが、検索結果で上位表示にくるようにアルゴリズムの更新が行われたわけです。他方で、Googleガイドラインに違反する方法でSEO対策を行うブラックハット的SEO対策に強硬な姿勢で臨むことで、検索ユーザーには無価値な文字列などが羅列されていたり、リンク先ばかりが表示されるページばかりのWEBサイトの検索結果は下位に沈むことになりました。場合によってはガイドライン違反でペナルティをくらい、検索結果から事実上排除されるといった自称が発生するようになっています。またサイト全体に占める広告の量についても、インデックスの際に重視される要素のひとつです。仮にページにしめる広告のサイズやデザインが過剰であると判断されたときも、検索結果が下位へ転落する事態も十分に想定されているわけです。
パンダアップデートは、コンテンツの質自体を正面から問題にするものです。検索ユーザーにとって有益な情報を提供するというのがパンダアップデートの目的になります。検索結果上位表示を勝ち取るには、専門性が高い分野で他のWEBサイトにはない独自性を有することが必須の条件といえます。