中古ドメイン載せ替えだけで検索順位が変わる?

SNSブランド

WEBサイトを立ち上げるにあたって最初に直面する問題のひとつが、新規ドメインを取得するのか中古ドメインを購入するのかの問題です。インターネット空間上の住所にあたるのがドメインになりますが、サイト運営でWEBマーケティングを展開するにはドメイン取得は必須です。新規ドメインであれば制限はあるにせよ、原則として自由にネーミングをつけることができるので、企業の長期的なブランディングでも優位性が高いと言えます。他方で中古ドメインは新規ドメインに比較しても、高額の値段で取引されることが珍しくありません。
それほどまでに中古ドメインが評価されるのは、SEO効果を見込めるドメインパワーを保有しているためです。ドメインパワーとは文字通りドメインの実力を意味する言葉です。どうして中古ドメインにはドメインパワーを獲得しているのでしょうか。
中古ドメイン(オールドドメイン)とは過去にサイト運営の歴史をもっているドメインのことで、現在では契約期間満了の状態になっているドメインのことです。レジストラーなどの専門業者から購入することになります。オールドドメインは過去にコンテンツを作成した実績を持っているので、検索エンジンからインデックスされた経験を持っているので、被リンク数も相当な数を保有していることがあります。検索エンジンからインデックスされると、新規コンテンツを追加しても認識されやすいので検索順位上位も可能です。被リンク数もそろっていて、サイト運営当初から検索順位上位も期待出来るので、オールドドメインを導入するのはSEO効果を見込めるというわけです。新規ドメインでは被リンク数も見込めない上に検索圏外などの状況がつづくときには、中古ドメインに載せ替えると言うのも立派なSEO対策になるでしょう。もちろん従前のURLから新規URLへのリダイレクトは必須の作業です。
たしかに中古ドメインに載せ替えることで検索圏外を脱出することも可能なことから、SEO効果の点で評価を集めるのは事実です。しかしながら中古ドメインに載せ替えることにはリスクもあります。リスクというのは過去にガイドライン違反などを行って手動ペナルティの対象になっていたり、不正なリダイレクトなどの問題行動でブラックリスト入りしている危険性が存在することです。
仮にブラックリスト入りしていなくても、検索エンジンのアップデートで過去のコンテンツや被リンクが手動ペナルティの対象になる可能性も払拭できないわけです。