Googleアップデートに負けないコンテンツの作成方法とは?

Googleアップデートはこれまで頻繁に繰り返された実績があり、アルゴリズムの更新の度に検索結果が大きく変動し、前日まで検索結果で上位表示されていたWEBサイトすらも大きく順位を下げるといった事象の発生が報告されています。有名なGoogleアップデートとしては、ペンギンアップデートやパンダアップデートなどを指摘することができます。
ペンギンアップデートでは、スパムやリンクファームやサテライトサイトを作ることで自作自演を行って被リンク数をあげる行為が対象になりました。またパンダアップデートではコンテンツの品質を正面から課題と認識し、高品質な内容で権威性や信頼性・専門性を充実させたWEBサイトを上位表示させる方針を鮮明にしています。他方で検索ユーザーにとって無価値のコピペテキストやワードサラダにあふれたWEBサイトが、今後検索結果上位に浮上することは困難になっています。パンダアップデートなどは手動で定期的に実施されていましたが、現在ではリアルタイムで更新を続けているのでガイドライン違反の行為やコンテンツの提供はSEO対策を実践するにあたり意義を喪失しつつあります。
WEBマーケティングにおいてはGoogleアップデートは、頭のいたい問題を提起するものでリアルタイムで更新しているアルゴリズムも稼動しているので検索結果に戦々恐々としているかもしれません。しかし、見方を変えれば正直者がワリを食わないために、Googleアップデートは実施されていると考えることもできます。検索エンジンが重視している検索ユーザーにとって、いかに有益な情報を提供することができるか、に尽きます。
キーワードに対して有益な情報を提供するには、十分な専門性を有することが重要になっています。現にGoogleは高品質なコンテンツの指標になるのは、権威性・信頼性・専門性に依拠することを鮮明にしています。他の類似した分野を扱うコピペテキストばかりでは、新たに有益な情報を獲得することにはつながりません。コンテンツのオリジナリティをいかに持たせるかが重要です。
またSEO対策においてはコンテンツの内容の高品質を付与することが大事ですが、同時にサイト訪問者にとっての見やすさも大事です。アンカーテキストを適切に配置するなどの見やすさを意識したページ作りも求められます。コンテンツにまつわるキーワードの選定は検索ボリュームを意識しながら、コンテンツのオリジナリティを追究することも重要な意味を持つようになっているようです。